ドメインと被リンクのイメージ画像

あなたの持っているドメイン、成長させましょう。ドメインが成長するために必要としているもの、それは、被リンクです。ここでは初心者の方向けに、ドメイン、被リンク効果についてお話していきます。

2017年05月の記事一覧

ドメインの検索キーワードを効率的に調べるツール

SEOにおいてのキーワード選定は、被リンクやコンテンツと共に重要な位置を占めています。キーワードの選定は漠然と試行錯誤するのではなく、裏付けのある分析に基づいて実行することが重要です。また、選定したキーワードが実際の検索クエリに使用されているかという点も評価の対象になります。
客観性のある分析のために、検索キーワードの選定にはキーワードを調べるツールを使用します。それらの中でも、もっとも手軽なツールはGoogleなどのオートコンプリート機能です。これらはサジェスト機能とも呼ばれていますが、検索キーワードの入力欄にキーワードを入力すると、候補のサブキーワードが表示されるものです。この機能を使って、ドメインのメインキーワードになる語句から連鎖的にサブキーワードを測定することができます。
キーワードのトレンドを時系列的に調べる際に便利なのがGoogleトレンドです。このツールを利用すると、指定したキーワードが、指定した期間内にどれだけ人気が推移したかをグラフで知ることができます。キーワードの人気上昇率も表示されます。
Google AdWordsも有用なツールです。利用するにはアカウントの登録などが必要ですが、このツールを使用すると、キーワードが使用されている頻度の推移(検索ボリューム)を調べることができます。また、関連のキーワードの候補が示されるので非常に有用です。
さらに、Googleサーチコンソールでアカウントを作成すると、ドメインで使用された実際の検索クエリを把握することができます。どの検索クエリがどのページのクリックにつながっているかを把握することもできるので、キーワード選定の再評価や分析をするのに極めて有用です。

続きを読む

ウェブマスターツールでドメインを有利に!

初心者向けとしてもお持ちのドメインが有利に働くウェブマスターツールは、使いこなすことで、さらに便利に活用することが可能です。グーグルの提供するサイト改善ツールとして、自分のサイトがどんなアクセス状態かを示してくれてクリック状況や、ペナルティの問題点、HTMLタグ状況他、グーグルでしか知らない詳細を知る事ができ、問題発見と解決で高いSEO対策をすることができるようになります。機能では被リンクによるペナルティの発生を知らせてくれたり、トラフィックの変化やウイルスの検出などを行ってくれてます。HTMLの改善では、タイトルやメタディスクリプションなどの問題を知らせてくれて、影響を及ぼすであろうタグを重要視して監視してくれます。また自分の知らないURLも検知してくれます。クロールエラーではサイト上のエラーを検知してくれ、問題に対処してスムーズに情報収集を行えるよう環境を整えてくれます。サーバーエラーやソフトエラーによって無駄なクロールの発生を抑えることができます。検索クエリではクリック回数のパーセンテージやキーワードによるクリック率などが把握できる機能となっており、ヒットしたキーワードや自然検索結果、記載順位の平均値を出してくれてCTRの改善を行うことができます。これらの機能で初心者でもわかりやすいツールとなって知らない情報などを管理することができるようになって活用次第でSEO対策へと役立てられるようになります。ウェブマスターツールの登録は、グーグルのアカウントさえあればログインしてサイトのドメインを入力して、サイトマップの作成を行いツールへ追加すれば簡単に使用することができるので、活用してみて下さい。

続きを読む

ドメインはスパムチェックと複数のSNSリンクが重要

ドメインを探している方の多くがアルファベット順で選ぶことが多いのですが、特にウェブサイトで利用するなら2つのポイントを取得前に確認してから買いたいものです。1つめはスパムサイトで利用されていないかです。スパムサイトで利用されていたドメインは中古ドメインとして販売されている場合が多いのですが、あまりに酷い使われ方をするとそのまま廃棄されて新規ドメインとして取得できる場合があります。一度スパム認定されたドメインは新規にまったく関係ない方が使ったとしても認定されたままになります。このようなドメインはメールがフィルタリングされてしまったり、検索サイトで無視されてしまうことが多く、さまざまな不具合が出てしまうことが多いのです。スパムチェックは専用のサービスがありますし、メールアドレスでのブラックリストに入っていないかも重要なポイントとなります。複数のドメインを取得する場合はチェックができないケースも多いですが、新規であったとしてもチェックはとても大事です。中古ドメインの場合は事前にチェックされて販売されるケースが多いのですが、価格がかなり差がつくことが多いです。価格の差はリンク数の差といっても過言はありません。リンクはSNS、ブログなどさまざまな場所からリンクされているのですが、特に注目されてきたのがSNSでのリンクです。SNSのリンクについてはツールで作られている場合でも価値があると考えられており、高値で取引されることが多くなっています。ただし、ツールで露骨に作られた場合は検索サイト側で弾かれる傾向が強くなっているので購入にあたっては、バックリンクのチェックサイトで確認しておきたいポイントでもあります。

続きを読む

サイドバーのあるドメインは表示スピードが遅い?

1カラムのサイトに比べてサイドバーのあるドメインはサイト表示に時間がかかるというケースがあります。それはサイドバーに画像を添付している場合です。サイドバーは前頁に表示されるため、容量の大きなものをそこにおいておくとすべてのページで反映されることになります。結果的に表示が遅くなることにつながるというわけです。
ある程度スピードを保ちたいのであれば、サイドバー自体をなくすか、1カラムにしてしまう・サイドバーにはテキストのみで反映させるなどの方法が考えられます。基本的に容量の重たい画像は表示が遅くなるので、gifにして容量を軽くするなどの対策も効果的といえますね。またドメイン自体の画像容量にも注意が必要です。1つでも画像が重ければ、表示されるのに時間がかかります。グーグルのアルゴリズムには、ユーザーに有益かどうかという視点があるので、表示の重たい画像=ユーザーが見るまで時間がかかるということになるため、容量の軽いものに比べて評価が小さくなるというわけです。
特にスマートフォンユーザーからすれば容量の思い画像は表示すらすることができません。その画像があった段階で、離脱につながってしまうケースも考えるあまり容量が重たいのはよくないでしょう。
ドメインを設置しているサーバーによっても表示が遅くなるケースがあります。結果的にまったく上位表示しない要因のひとつには、コンテンツ内容や被リンクといった基本的なポイントと異なる部分が要因となっているケースもあるので一度見てみるのもよいかもしれませんね。
それらのポイントを踏まえつつ、サイト自体のコンテンツ量や内容を加えていけばさらなる飛躍へとつながります。上手に活用してサイトの上位表示に役立ててくださいね。

続きを読む

学校のドメインの歴史はどんな感じ

今はホームページを持たない団体はほとんどないので、学校ももちろん持っています。不特定多数の人に学校は知ってもらう必要があるので、インターネットができて間もない頃の早い段階から利用されていました。そして、そこで使われていたトップレベルドメインは「.jp」がほとんどで、それは今も変わりません。「.com」は企業を意味するものなので、多くの企業で使われていますが、企業でない場合はjpが多いでしょう。官公庁もそうです。学校の場合も私立、公立問わずそのようになっています。
歴史的にみてもこのような流れできていたのですが、最近になっていろんなトップレベルドメインが出てきています。「.school」「.education」「.academy」「.university」「.degree」などです。これらのものはここ数年で急に出てきたものです。最近は学校教育も見直しが必要だと言われており、特にネット教育に関しては強く言われているところでしょう。文部科学省が指定している今の学校教育は実際のところ現実社会に合っているものとはなかなかに言い難いところがあります。脳を鍛える、勉強すること自体を勉強する、という観点では良いのですが、具体的な中身の知識が現実世界に活かしにくいものとなっています。
どうせなら、金融やネットなどの現実世界で役立つものを子供のころからやっておいても良いでしょう。現に、学校教育を終えてからも勉強し続けている人はビジネスでも成功しているケースは多いです。そもそもの勉強の土台ができているからです。しかし、ビジネスにおける勉強する内容を自分で決められなかったり、受験以降勉強しない場合は単に現実正解にそれほど使えない知識が貯まっているだけになります。

続きを読む

ドメインの被リンク効果はすぐにでる?

ドメインの被リンクの効果は数カ月で出ることが多いです。昔よりはクローラーが被リンクを重視しない傾向があるので効果が下がってきてはいますが、今も自然な被リンクであれば効果的です。この自然かどうかというのが重要で、不自然に業者に依頼して被リンクを大量に増やすとブラックハットseoと見なされます。その場合はすぐに圏外になるので、ある意味すぐに効果が出ます。
逆にこのスパム判定を狙って、順位を落としたいサイトの被リンクを大量に貼るようなことも行われています。これをやられると、マイナスに作用する可能性はあります。しかし、最近のグーグルのアルゴリズムはその辺も見抜けるようになってきています。
ブラックハットseoに関しても、逆seoに関してももちろんグーグルの人は知らないわけではないです。アルゴリズム上の向け穴を昔は狙われていたというだけです。当然最新技術を駆使してそれらに対処していくことになるので、ブラックハットはそう長くもつものでもないのです。
サイトを評価するアルゴリズムには数百の基準があり、それらは日々更新されています。そのため、抜け穴を探してアルゴリズムを追いかけても無駄になっています。グーグルの理想はユーザー満足度の最大化なので、良いサイトを評価すると同時に悪いサイトを圏外に飛ばすことにも力を入れています。大量の被リンクというのはなかでも有名なブラックハットなので、当然アルゴリズムでもはじこうとしています。
ではなにが重要なのかというと、コンテンツが良くて見やすいサイトです。そういうサイトを上位表氏するためにグーグルは進化していると言っても過言ではないです。このようなサイトは今後より評価されていきます。

続きを読む

ドメインは最初から被リンクがついている?

中古のドメインを取得すれば最初から被リンクがついているものもあります。これをねらって中古のドメイン取得をする人もいます。しかし、その被リンクはもとのサイトを意図して貼ってあるものなので、ユーザー的には飛んだ結果思っていたのと違うということになります。
しかし、グーグルのクローラーはこのような被リンクから飛んでクローラーを巡回させることになります。
しかし、結局のところ、いくらクローラーが巡回したところでサイトの質が低ければ意味ないです。クローラーが巡回した結果、コンテンツの質が低いサイトという評価をもらえるだけです。そのため、最終的に最重要なのはコンテンツです。
コンテンツというのは、文章、写真、動画、が主なものです。これらの品質が最重要だということになります。そして、サイト内のコンテンツを適正に評価してもらうために重要なのが、内部のリンクやレイアウトです。クローラーが巡回するときには、ページが情報ごとにきちんとまとまっているかということ自体も評価の対象になりますし、またきちんとまとまっていなければサイト内をくまなく巡回してくれない可能性があります。そうすると必然的にサイトの評価は下がることになるのです。
もちろん、リンクがまとまっていてレイアウトも綺麗で、クローラーがサイト内を回れても、結果的にコンテンツの質が低いと意味ないです。
コンテンツ、内部seo、外部seoの順位重要というのが今のグーグルの状況です。ひと昔前はまるっきり逆でした。とにかくseo対策でサイト内に流入すれば、あとはキーワードの数などでサイトを評価していました。なので、被リンクを大量生成し、人気のキーワードを大量に入れれば上位サイトといった感じです。

続きを読む